X-window(twm) 起動へ至るまでの設定作業



X-window(twm)起動までの設定

【1】 Xorgのインストール(7.4はここまでの手順でインストール済)
  • 再起動してログインし # sysinstall

  • sysinstall Main Menu が表示される。


  • そこから [ Index ] [ Packages ] [ FTP ] [Main Site ] とすすむ
  • ...Portsの一覧がとれるまで、少し時間がかかる。一覧が表示されたら
    [x11]に移動し、xorg-7.5をインストールする。

【2】 Xwindowsの設定
  • 設定作業に使う標準エディタ viのキー操作を確認。最低必要なものは

  • [Esc][s] 編集開始
    [Esc][x] 消しゴム
    [Esc][:][w] 保存
    [Esc][:][w][!] 強制保存
    [Esc][:][q] 終了(これ以前に編集操作があったときは終了できない)
    [Esc][:][q][!] 保存しないで終了
    基本環境では、日本語キーボード設定がされず、記号がキーボードの場所と不整合の場合もあるので、実際に出てくる文字のほうをを優先して作業。

  • #vi /etc/rc.conf に以下を追加書き込みして保存。
  • dbus_enable="YES"
    hald_enable="YES"
    X-Windowの起動でマウスを使えるようにする設定。

  • 再起動してrootでログイン

  • #startx と入力

  • MacやWinを見慣れた感覚からすると 「なにこれ?」というようなシンプルなtwm の画面(xterm 3枚, xclock 時計)が出てきて、マウスが反応し、マウスでウィンドウを移動でき、 そのウィンドウに文字入力ができればOK。 Xwindow用の日本語キーボード設定がまだなので記号がキーボードと合わないものもあるはず。
    loginウィンドウに、exitと入力すれば、 twm を終了できる。
    マウスが反応しない場合は、[Ctrl][Alt][F4]で終了し。先ほどのrc.confへの設定をチェックする。

    画面が真っ黒になった場合は、[Ctrl][Alt][BS]で終了する。
    標準の「.xinitrc」をホームディレクトリにコピーして再度試す。
    #cp /usr/X11R6/lib/X11/xinit/xinitrc /root/.xinitrc
    twmが表示されなくとも次へすすんでよい。


  • インストール第2段階グラフィック環境ベース作りまで終了である。 ここまで1時間くらい。
  • ここでもブラウザや、画像ソフトが動きます。しかし、マウスでファイルイメージや操作ができる MacやWinでおなじみのGUIデスクトップでなければデスクトップというイメージはありません。 そこまでは、もう一ふんばりです。 Linux系は、インストール一発でGUIまでいくものが多いですから、FreeBSDは敷居高いです (^^)

【3】 私はここでオプション設定しています。


前へ | 次へ

もくじ